Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加

一方、同社が扱ったメールに占めるスパムの割合は55.5%。前月から0.6ポイント上昇し、2015年3月以降でもっとも高い割合となった。

背景には、ブラックフライデーやサイバーマンデーなど、同時期にオンラインショッピングの機会が増えることから、スパムも増加する傾向があるという。フィッシングの比率も2560件あたり1件と、3183件に1件だった前月から増加した。

また今回、ブラックフライデーからサイバーマンデーの週末にかけて、「Necurs」ボットネットが大量のスパムを送信していたことが確認された。同攻撃では、ランサムウェアの拡散が試みられたという。

(Security NEXT - 2017/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュ製品が期待通り機能せず、侵害発生後に判明 - 半数が経験
最新のセキュリティ対策製品を導入しても約5%がウイルス感染 - カスペルスキーが情報共有の重要性を指摘
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍