Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加

一方、同社が扱ったメールに占めるスパムの割合は55.5%。前月から0.6ポイント上昇し、2015年3月以降でもっとも高い割合となった。

背景には、ブラックフライデーやサイバーマンデーなど、同時期にオンラインショッピングの機会が増えることから、スパムも増加する傾向があるという。フィッシングの比率も2560件あたり1件と、3183件に1件だった前月から増加した。

また今回、ブラックフライデーからサイバーマンデーの週末にかけて、「Necurs」ボットネットが大量のスパムを送信していたことが確認された。同攻撃では、ランサムウェアの拡散が試みられたという。

(Security NEXT - 2017/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2月中旬から「Mirai」亜種が活発化か - JPCERT/CC観測
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起