Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」

ラックは、同社のセキュリティオペレーションセンターによるマネージドサービスのサービス対象を拡大し、EDR向けのサービスを2018年1月より提供開始する。

「Windows 10」が備えるEDR機能「Windows Defender Advanced Threat Protection(ATP)」の利用企業向けに「マネージドEDRサービス」を提供するもの。

「Windows ATP」を通じて得られた情報を「JSOC」にてフルタイムで監視を行い、被害発生時にはリモートより感染端末の隔離や、脅威の影響について分析し、情報を提供。オンサイトのインシデント対応についてもオプションで提供する。

同社は、今後1年で10社以上、2万台以上のサービス導入を目標に事業を展開していく。

20171215_la_001.jpg

(Security NEXT - 2017/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス