Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで

NEC、日立製作所、富士通の3社は、セキュリティ技術者の育成を目指し、「サイバーセキュリティ人材育成スキーム策定共同プロジェクト」を発足した。

同プロジェクトは、セキュリティに携わる技術者の能力向上や人材不足の解消などを目指したもので、セキュリティ人材モデルの定義や人材育成シラバスの作成などにも取り組み、3社共通のスキームについて策定する。

実践的なスキルやノウハウを備えた人材の育成を目指すとしており、サイバーレンジの活用も視野に入れ、運用ルールやマニュアルの整備など含めて教育プログラムの策定を推進。成果となる教材作成ガイドラインについては一部を公開していく予定。

20171214_ji_001.jpg
プロジェクトの内容

(Security NEXT - 2017/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「SecBoK人材スキルマップ 2019年版」の英語版を公開 - JNSA
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
【追記あり】人材育成プログラム「SecHack365」 - 3月に成果発表会
「SecHack365 2019」成果発表会を延期 - 新型コロナ影響
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情セ大
日立ソと早稲田大、セキュリティ分野で学術交流協定
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
SECCON 2019、国内チームが優勝 - クラウド化など運用環境も進化
2019年度秋期登録セキスペ合格者が発表 - 合格率19.4%