Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀

高知銀行は、顧客の取引情報が記録されたATMジャーナル紙が所在不明になっていることを明らかにした。

同行によれば、宿毛支店において、ATMでの取引情報が記録された記録紙31個の紛失が11月13日に判明したもの。

紛失した記録紙には、2015年4月1日から2016年1月29日までの取引内容2万6922件が記録されていた。顧客の氏名や口座番号、取引金額、残高のほか、振り込みの場合は依頼人の電話番号などが含まれる。

同行では7月10日に保管期限が経過した書類の処分を行っており、その際に誤って一緒に廃棄した可能性があると説明。紛失した情報の不正利用について報告は受けていないとしている。

(Security NEXT - 2017/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
顧客のマイナンバーを委託先が誤って裁断 - 群馬銀
印影など含む伝票綴りが所在わからず- 鳥取銀
取引情報含むATM記録紙が所在不明 - 筑波銀
取引情報4.1万件含むATM記録紙が段ボール箱ごと所在不明に - 豊和銀
マネースクウェア・ジャパン、顧客情報約11万件の流出を確認
顧客情報含む伝票を箱ごと紛失、誤廃棄の可能性 - 南日本銀
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
元行員が大口預金者の個人情報を窃盗などの共犯者に漏洩か - 佐賀銀
顧客情報含む帳票が所在不明に - 東邦銀