Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀

高知銀行は、顧客の取引情報が記録されたATMジャーナル紙が所在不明になっていることを明らかにした。

同行によれば、宿毛支店において、ATMでの取引情報が記録された記録紙31個の紛失が11月13日に判明したもの。

紛失した記録紙には、2015年4月1日から2016年1月29日までの取引内容2万6922件が記録されていた。顧客の氏名や口座番号、取引金額、残高のほか、振り込みの場合は依頼人の電話番号などが含まれる。

同行では7月10日に保管期限が経過した書類の処分を行っており、その際に誤って一緒に廃棄した可能性があると説明。紛失した情報の不正利用について報告は受けていないとしている。

(Security NEXT - 2017/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イオングループの金融サービスで不正ログイン、不正利用発生 - 電話番号改ざんして決済アプリ認証
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
本店で保管していた顧客情報含む伝票を紛失 - 沖縄銀
本人確認用の住民票写し、別人に返却 - 住信SBIネット銀
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 道銀
顧客情報含む伝票5469枚の所在わからず - 静岡中央銀
公金納付書控2439件が所在不明 - 北日本銀
印影など含む伝票綴りを紛失 - 大分銀
顧客情報含む書類が所在不明、誤廃棄か - 青森銀