Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず

5月に世界で攻撃が確認され、国内でも話題を呼んだランサムウェア「WannaCrypt」。2016年から2017年にかけて発生したインシデントとしては、企業関係者における認知度がもっとも高かったが、それでも4割に満たなかった。

20171212_ma_001.jpg
櫻井氏

マカフィーが国内の企業経営者、情報システム担当者、一般従業員など22歳以上の男女1552人を対象にインターネットで実施し、結果を取りまとめたもの。2016年10月から2017年10月までに報道されたセキュリティ事件を挙げ、それらの認知度を調べた。

認知度がもっとも高かったのはランサムウェア「WannaCrypt」だが、36.7%にとどまった。2位は「Amazon」や大手宅配業者を装った攻撃メールで認知度は36.2%で続いた。

ランキングの性質上、マスメディアで大きく取り上げられた自称が上位を占めるが、大手メディアへの露出がそれほど多くない一方で、高い注目を集めたのが、3番目に高い認知度となった無線LANのセキュリティプロトコル「WPA2」における実装の脆弱性「KRACK」だった。

マカフィーのセールスエンジニアリング本部で本部長を務める櫻井秀光氏によれば、「経営層の注目は低いものの、特にIT管理者からの注目度が高かった」という。

(Security NEXT - 2017/12/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減