Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委

個人情報保護委員会は、個人情報保護法の施行規則の一部改正について、パブリックコメント案を公開した。2018年1月5日まで意見を募集している。

個人情報保護法では、国外の第三者に対して個人データを提供する場合、原則として本人の同意をあらかじめ得る必要があるが、保護の水準が国内と同等と認められる国については例外としており、今回のパブリックコメント案では、国として満たしている必要がある要件を定めた。

同委員会では、同案に対する意見募集を実施。意見は、電子政府の総合窓口「e-Gov」、郵送、ファックスなどで受け付けている。提出期限は2018年1月5日で、郵送とファックスの場合は同日17時必着。

(Security NEXT - 2017/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報保護法改正案が閣議決定 - 不適正利用を禁止
NISC、企業のセキュリティ対策を法律面から解説した資料
「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
個情委、内定辞退率予測でリクナビに是正勧告
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
GDPRにおける日本の「十分性認定」、1月23日に決定予定
GDPRにおける日本の十分性認定、2019年に持ち越し