Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了

FFRIは、個人や小規模事業者向けにセキュリティ対策ソフト「FFRI yarai Home and Business Edition」を発売した。手はじめにダウンロード版を提供し、パッケージ版は2018年1月以降にリリースする予定。

20171201_ff_001.jpg
FFRI yarai Home and Business Edition

同製品は、5つの防御エンジンを搭載し、パターンファイルに依存しないエンドポイントセキュリティ対策製品。

Windowsに標準搭載されている「Windows Defender」をはじめ、一般的なマルウェア対策ソフトとの併用が可能。価格はオープン。

従来製品の「FFRIプロアクティブセキュリティ(Mr.F)」は11月末に販売終了した。従来製品のユーザーでライセンス期間が残っている場合は、同製品に無償で移行できる。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供