Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年3Qのネットバンク不正送金、法人で被害額が増加

2017年第3四半期のオンラインバンキングにおける不正送金被害額は1億9000万円だった。個人において被害額の減少が見られた一方、法人では前四半期を上回った。

全国銀行協会が、会員190行におけるオンラインバンキングの不正送金被害の状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。預金者本人以外が不正に送金し、振込先から金銭が引き出され、被害者へ返還できなかったケースについて集計している。

2017年第3四半期の不正送金被害件数は76件で、被害額は1億9000万円。法人では、被害件数は前四半期の11件から8件に減少したものの、被害額ベースでは8400万円と、前四半期の7500万円を上回った。

一方個人の被害を見ると、被害件数は68件で前四半期の65件から増加。被害額は1億600万円で、前四半期の1億3100万円から減少している。

補償状況を見ると、金融機関が対応方針を決定した32件のうち、補償の対象となったのは28件。補償率は87.5%だった。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究