Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Movable Type」向け会員制サイト構築用プラグインなどにSQLiの脆弱性

アークウェブが提供する「Movable Type」向けプラグイン「A-Member」「A-Reserve」に「SQLインジェクション」の脆弱性が含まれていることがわかった。

会員制サイトを構築するためのプラグインである「A-Member」に「CVE-2017-10898」が判明したほか、予約サイトの機能を提供する「A-Reserve」に「CVE-2017-10899」が明らかとなった。同プラグインを利用したページより不正にデータベースを操作されるおそれがある。

これら脆弱性は、STNetの渡邉優太氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整した。

アークウェブでは修正版として「A-Member 3.8.7」「A-Reserve 3.8.7」を11月20日より提供しており、アップデートを強く推奨している。

(Security NEXT - 2017/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
Cisco、セキュリティ製品向けに再度修正パッチ - あらたな攻撃手法が判明、対応不十分で