Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか

実際に国内では「コインマイナー」を拡散するサイトが、6月以降に急増。4月までほぼ0件だったのが、6月は119件、7月には436件を検出。9月には848件まで拡大した。拡散された不正プログラムの58%を「コインマイナー」が占めている。

仮想通貨は相場の上昇が続いており、bitcoinを見ても11月29日に一時120万円を超えるなど、1年で10倍以上に高騰。こうした動きが「コインマイナー」の拡散を後押ししていると同社では分析している。

(Security NEXT - 2017/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
2020年1Qセキュ相談、4.8%減 - 「不正ログイン」などの相談は増加
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
「Emotet」がセクストーションまがいの詐欺メール - 高い成功率
2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ
脆弱な「Docker」の探索行為、11月ごろより増加
資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性