Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病院のインシデント対応を疑似体験できるシュミレーションゲーム

トレンドマイクロは、組織のセキュリティ担当者向けにセキュリティ対策をテーマとしたシミュレーションゲーム「Data Center Attack」を提供開始した。

20171128_tm_001.jpg
「Data Center Attack」の画面(画像:トレンドマイクロ)

同ゲームは、プレイヤーが病院のセキュリティ担当者となり、セキュリティ上の課題を解決していくシミュレーションゲーム。

技術的な対策や組織的な対策などを学ぶことを目的に作成したという。

日本語および英語に対応しており、プレイ時間は約10分。同社ウェブサイトにて提供する。料金は不要だが、プレイにあたり個人情報を登録する必要がある。

(Security NEXT - 2017/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
デスマ寸前の要件でコンペ勝ち抜くカードゲーム - 「致命的な脆弱性」といったカードも
IPA、制御システム保有組織の橋渡し人材向けに短期演習プログラム
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
「Nintendo Switch」に保護者向け管理アプリ - SNS投稿やプレイ時間など制限可能
カスペ、ゲーム型のサイバー攻撃対策演習にオンライン版
AVG統合後はじめてとなる「Avastシリーズ」 - 他社製品との併用モードなど追加
トレンド、IoT機器を保護する家庭向けツール - LAN接続だけで利用可能
イー・ガーディアン、VRコンテンツ向けにセキュリティ対策サービスなど計画