Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール

Geolocation Technologyは、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ製品のファイアウォールにおいて、位置情報を用いたアクセス制御を支援するためのツールを提供開始した。

「どこどこJP」は、IPアドレスをベースとする位置情報や接続環境などを提供するAPIサービス。今回、チェック・ポイントのセキュリティプラットフォーム「R80.10」のファイアウォールにおけるルールの設定を支援するツール「どこどこJP for Check Point R80」を用意した。

国コードをはじめ、「Tor」や公開プロキシサーバを経由したアクセスなど条件を指定し、「どこどこJP」にてPアドレスを検索。取得したデータをファイアウォールのルールに活用できる。今後は、マルウェアの通信先などについても対応していく予定。

(Security NEXT - 2017/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
ウェブアプリ脆弱性検査サービス「VAddy」がプライベートネットワークの検査に対応
トヨタとカリウス、モビリティにおける本人特定技術を共同開発
デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
セキュアブレイン、脅威情報を月1回提供するサービス - オプションも
脅威レベルを無償で判定できるサービス - マクニカ