Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Akamai、セキュリティ機能備えたDNSを展開する米Nominumを買収

米Akamai Technologiesは、米Nominumの買収に合意したことを明らかにした。ユーザー企業にサービスを提供する通信事業者向けの販売拡大を目指すとしている。

米Nominumは、DNSをベースとしたセキュリティソリューションを国内外の主要な通信事業者向けに提供している。今回の買収は、2017年度第4四半期末に完了する見込みとなっている。

今回の買収を通じて、Akamaiでは通信事業者や企業向けセキュリティ対策製品のラインナップ強化を図る考えだ。

(Security NEXT - 2017/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
Lenovoの「RackSwitch」「BladeCenter」にバックドア - 買収前の2004年から存在
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
米McAfee、「CASB」のSkyhigh Networksを買収
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響