Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米警告の北朝鮮サイバー攻撃 - 国内では未確認

北朝鮮の攻撃グループ「HIDDEN COBRA」によるサイバー攻撃について米政府では脅威情報を公開し、注意喚起を行っているが、国内では目立った感染被害は報告されていない模様だ。

明らかにされたマルウェアは、バックドア「Volgmer」や、リモートアクセスツールの「FALLCHILL」。それぞれ少なくとも2013年、2016年ごろより攻撃に利用されていることが明らかとなった。

米政府では、米国土安全保障省(DHS)と連邦捜査局(FBI)の調査結果として、各マルウェアの特徴や通信が行われたIPアドレスなど脅威情報を取りまとめ、「STIX」により情報を公開。

特に「Volgmer」は、中東やアジア圏、ロシアなど広い地域で同マルウェアに関連すると見られる通信が確認されており、詳細な情報を公開することで、被害へ遭っていないか確認するよう注意を促している。

これら攻撃の国内における活動状況についてトレンドマイクロによると、直近3カ月にさかのぼり調査したが、いずれも国内では検出されていないという。またカスペルスキーも同様に国内では今回の攻撃を検知しておらず、国内では目立った被害は確認されていない模様だ。

(Security NEXT - 2017/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実践的サイバー防御演習「CYDER」を追加開催 - NICT
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍
JCIC、個人情報流出による損失額の数値化モデル - GDPR制裁金や時価総額なども考慮
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も