Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、公衆無線LANセキュリティの課題や対策を検討

総務省は、公衆無線LANのセキュリティ対策について検討する「公衆無線LANセキュリティ分科会」を設置した。2017年度内をめどに検討結果を取りまとめる予定。

同省では、10月に公表した「IoTセキュリティ総合対策」を踏まえ、サイバーセキュリティタスクフォースに同分科会を設置したもの。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて公衆無線LANの普及が進む一方、関連したインシデントも懸念されることから、同分科会では公衆無線LANにおけるセキュリティ上の課題を整理。対策やセキュリティに配慮した公衆無線LANサービスの普及についても検討する。

第1回会合を11月24日に予定しており、2017年度内をめどに検討結果を取りまとめる予定。

(Security NEXT - 2017/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
公衆無線LANにおけるセキュリティのあり方をまとめた報告書 - 総務省
総務省 - 公衆無線LANのセキュリティ対策で意見募集
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
公衆無線LANの安全性を確認するユーザーは3人に1人
公衆無線LAN利用者や設置者向けに手引書 - 脅威や対策を解説
半数超がアプリの「パーミッション」をつねに確認
無料公衆無線LANの安全対策、4割弱が「事業者が対策すべき」