Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Symantecのエンドポイント製品「SEP」に脆弱性

Symantecのエンドポイント向けセキュリティ対策製品「Symantec Endpoint Protection(SEP)」に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

権限の昇格が生じる脆弱性「CVE-2017-13681」をはじめ、製品のユーザーインタフェースを通じて攻撃者が任意のファイルを削除できる「CVE-2017-13680」や、セキュリティ機能のバイパス「CVE-2017-6331」など、3件の脆弱性が明らかとなった。

「CVE-2017-13681」に関しては、「SEP 12.1」のみ影響を受けるが、重要度は「高(High)」にレーティングされている。

同社では脆弱性を解消した「同12.1 RU6 MP9」「同14 RU1」を用意した。

「CVE-2017-6331」に関して、重要度は「低(Low)」とされているが、脆弱性の解消には「同12.1」から「同14 RU1」へのアップグレードが必要だとしている。

(Security NEXT - 2017/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、特定文字でクラッシュする脆弱性をアップデートで修正
ブラウザ「Edge」に未修正の脆弱性 - 報告から90日経過、Googleが公表
Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ
「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース