Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco UCMなどのアップグレード機能に深刻な脆弱性

「Cisco Unified Communications Manager」をはじめ、「Cisco音声オペレーティングシステム(VOS)」をベースとした製品のアップグレード機能に、深刻な脆弱性が含まれていることが明らかになった。

対象となる機器を「Refresh Upgrade(RU)」や「Prime Collaboration Deployment(PCD)」によるマイグレーションを実施すると、従来のパスワードによりルート権限でアクセスが可能になる脆弱性「CVE-2017-12337」が判明したもの。デバイスにSFTP経由でアクセスできる場合、ルート権限を取得され、システムの制御を奪われるおそれがあるという。

脆弱性の重要度は、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」。影響を受ける製品は以下のとおり。同社では、脆弱性を修正するアップデートを用意しており、利用者に注意を呼びかけている。

Cisco Unified Communications Manager (UCM)
Cisco Unified Communication Manager Session Management Edition (SME)
Cisco Emergency Responder
Cisco Unity Connection
Cisco Unified Communications Manager IM and Presence Service (IM&P; earlier releases were known as Cisco Unified Presence)
Cisco Prime License Manager
Cisco Hosted Collaboration Mediation Fulfillment
Cisco Unified Contact Center Express (UCCx)
Cisco SocialMiner
Cisco Unified Intelligence Center (UIC)
Cisco Finesse
Cisco MediaSense

(Security NEXT - 2017/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Symfony」のフォームコンポーネントに脆弱性 - アップデートがリリース
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデート、12月11日にリリース予定
ウェブフィルタリング製品「i-FILTER」に複数脆弱性
Apple、「iOS 12.1.1」をリリース - 脆弱性20件を修正
オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス