Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年秋期セキュマネ試験、合格率は50.4% - 非IT系企業がIT系企業上回る

情報処理推進機構(IPA)は、2017年度秋期に実施した「情報セキュリティマネジメント試験」「基本情報技術者試験」の合格者を発表した。

情報セキュリティマネジメント試験は、組織のセキュリティを確保し、脅威から組織を保護するために必要なスキルを備えていることを認定する国家試験。2016年度春期よりスタートし、以降は年2回実施されている。

同試験の2017年度秋期における応募者数は2万907人。受験者数が1万7039人で合格者数は8590人。合格率は50.4%。前期の66.4%から16ポイントダウンした。

受験者の内訳を見ると、社会人が1万1835人で学生が1671人。受験者の平均年齢は37.1歳で、合格者の平均年齢は37.6歳だった。属性ごとに合格率を見ると、IT企業は平均と同じ50.4%。非IT系企業は58.3%と7.9ポイント上回った。学生の合格率は23.3%。

一方、基本情報技術者試験は応募者数が7万6717人で受験者数が5万6377人。合格者は1万2313人で合格率は21.8%だった。

20171115_ip_001.jpg
2017年度秋期の「情報セキュリティマネジメント試験」「基本情報技術者試験」の合格率

(Security NEXT - 2017/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報処理安全確保支援士試験」に新制度 - 認定学科修了で一部試験が免除に
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
国家試験「iパス」、最年少合格記録を更新
横国大とBBSS、家庭向けIoT機器のセキュリティ分野で共同研究
情報処理安全確保支援士の合格率は16.3% - 平均年齢36.5歳
2017年春期の情報セキュマネ試験、合格率66.4% - 最年少合格者は10歳
「情報セキュリティ先進県」目指す大分県がIPAと協定 - 目標は今後5年間で登録セキスペ100人輩出
情報処理安全確保支援士試験、初回応募者2.5万人 - 前回SC試験から2割減
「情報処理安全確保支援士」の初回登録、4000人超が申請