Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パケット解析ツール「Packetbeat」にDoS攻撃受けるおそれ

Elasticが提供するパケット解析ツール「Packetbeat」にサービス拒否に陥る脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品においてPostgreSQLプロトコルのパケット解析処理に脆弱性「CVE-2017-11480」が存在。同プロトコルの解析を有効化した状態で細工されたパケットを処理するとサービス拒否に陥るおそれがあるという。

同脆弱性は福田鉄平氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告したもので、同センターが調整を実施した。Elasticでは、脆弱性を解消した「同5.6.4」が提供するとともに緩和策を案内している。

(Security NEXT - 2017/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも
「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃、10月以降国内で断続的に観測 - 被害報告も
「BIND 9」にリモートより攻撃可能な脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
アップデートで「Java SE」の脆弱性21件を解消 - Oracle
Oracle、定例アップデートで脆弱性237件を解消 - 「Spectre」の緩和策も
「WordPress 4.9.2」がリリース - Flashフォールバック機能を削除
「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性
PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで