Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る

10月は、3月以降増加傾向だったマルウェア感染メールの割合が、7カ月ぶりに減少した。しかし2017年上半期と比較すると、依然として高い水準となっている。

20171114_sy_001.jpg
あらたなマルウェア亜種の検知状況(グラフ:Symantec)

米Symantecが、同社における10月の観測状況を取りまとめたもの。同月に同社が確認したあらたなマルウェアの亜種は4880万件。

9410万件でピークを迎えた1月からほぼ減少傾向が続き、前月の5000万件を下回った。5000万件を下回ったのは、3290万件だった2017年1月から9カ月ぶり。

マルウェア感染を目的としたメールの割合は、355件に1件。312件に1件だった前月から改善した。3月以降、割合は上昇傾向が続いていたが、7カ月ぶりの減少となる。

(Security NEXT - 2017/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート