Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る

10月は、3月以降増加傾向だったマルウェア感染メールの割合が、7カ月ぶりに減少した。しかし2017年上半期と比較すると、依然として高い水準となっている。

20171114_sy_001.jpg
あらたなマルウェア亜種の検知状況(グラフ:Symantec)

米Symantecが、同社における10月の観測状況を取りまとめたもの。同月に同社が確認したあらたなマルウェアの亜種は4880万件。

9410万件でピークを迎えた1月からほぼ減少傾向が続き、前月の5000万件を下回った。5000万件を下回ったのは、3290万件だった2017年1月から9カ月ぶり。

マルウェア感染を目的としたメールの割合は、355件に1件。312件に1件だった前月から改善した。3月以降、割合は上昇傾向が続いていたが、7カ月ぶりの減少となる。

(Security NEXT - 2017/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「標的型攻撃メール」が大幅増、プラント関連事業者が標的 - 実在の開発プロジェクトなど詐称
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
家庭向けIoT機器狙う攻撃、国内発信元は3.5万件超で増加傾向
2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
少なくとも30万台以上でサポート終了の「Office 2007」が稼働
JUIDA、ドローンを活用した物流の安全運用に向けたガイドライン案を公開
米政府、「WannaCrypt」の攻撃者を北朝鮮と断定 - 日本も同調