Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業

マカフィーとラックは協業し、「Amazon Web Services(AWS)」の利用企業を対象としたソリューション展開を2018年2月下旬より開始する。

AWSの利用者向けにマカフィー製IPS「McAfee Virtual Network Security Platform(vNSP)」を展開するもの。

マカフィーが技術的サポートをラックに提供し、ラックでは同社セキュリティ監視センター「JSOC」においてマネージドセキュリティサービスを展開する。

また両社では、AWS利用企業向けにセキュリティ構築や運用に関するコンサルティングサービスを提供するほか、AWSの協力のもと、パートナーやユーザー向けのセミナーを開催していく。

(Security NEXT - 2017/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
ウォッチガード、AWS向けに「Firebox Cloud」を提供
Radware、ハイブリッド環境向けにマネージドDDoS攻撃対策サービス
dit、特権アカウントの不正利用防止製品の新版
SecureWorks、AWS向けマネージドサービスやインシデント対応サービス
MBSD、AWSに特化したセキュリティ監視サービス
HDE、クラウド向けセキュリティ強化サービスでサポート対象を拡充
米Druva、日本で本格展開を開始 - 監査証跡も残すデータ管理ソリューション
パロアルト、「PAN-OS 7.1」をリリース - 「WildFire」がMac用ファイルの検査に対応