Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業

マカフィーとラックは協業し、「Amazon Web Services(AWS)」の利用企業を対象としたソリューション展開を2018年2月下旬より開始する。

AWSの利用者向けにマカフィー製IPS「McAfee Virtual Network Security Platform(vNSP)」を展開するもの。

マカフィーが技術的サポートをラックに提供し、ラックでは同社セキュリティ監視センター「JSOC」においてマネージドセキュリティサービスを展開する。

また両社では、AWS利用企業向けにセキュリティ構築や運用に関するコンサルティングサービスを提供するほか、AWSの協力のもと、パートナーやユーザー向けのセミナーを開催していく。

(Security NEXT - 2017/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
ソフトバンク、パブリッククラウド向けにDome9製セキュリティ管理サービス
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC