Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割

都内で日本発のセキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が、11月7日より4日間の日程で開催されている。後半2日のカンファレンスに対する事前申込は、1000人を超えたという。

同イベントは、国内外のセキュリティ研究者が交流する国際会議。今回で5回目を迎えた。

11月9日、10日と従来同様の2日間にわたるカンファレンスのほか、カンファレンスに先立って開催されたトレーニングや「サイバー犯罪対策トラック」にフォーカスしたスペシャルトラック、CTF、企業ブースなどの企画を用意した。

年々規模が拡大しており、同イベント運営事務局の代表を務めるBLUEの篠田佳奈氏は、カンファレンスの事前登録者数が1000人を超えたことを明らかにした。

また同イベントの実行委員長を務める東京電機大学教授の佐々木良一氏によれば、2017年は例年以上に論文の投稿が寄せられ、採択率は約20%ほどと狭き門となる一方、質の高い講演が出揃ったという。

(Security NEXT - 2017/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
「Security Days Fall 2018」を開催 - 10月上旬に東京大阪で
11月に都内で「AVTOKYO2018」開催 - まもなくCFPが締切
「CODE BLUE」、基調講演にMikko Hyppönen氏ら招聘