Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ

STマイクロエレクトロニクスは、専用のハードウェアセキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ「Telemaco3P」を発表した。

同製品は、ハードウェアベースの車載用プロセッサ。独立したセキュリティ保護装置として動作し、コネクテッドカーにおいてデータ通信の監視や暗号化、メッセージの認証に対応している。

また同製品は、堅牢性と最大105度の動作温度範囲を実現。ルーフの上や真下に設置されるスマートアンテナの内部など、高温の環境での使用が可能だという。

現在サンプルを出荷中で、2018年中頃に量産を開始する予定としている。

(Security NEXT - 2017/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
東京海上日動とWHITE MOTION、自動車分野のセキュリティで提携
パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発
「Security Days Spring 2018」を全国4カ所で開催 - 事前登録を受付
コネクテッドカーへのサイバー攻撃、約8割「標的になると思う」
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク