Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、特権IDアクセス管理をSaaSで提供

NRIセキュアテクノロジーズは、特権IDによるアクセスをクラウド上で管理するSaaS型サービス「Cloud Auditor by Access Check」を提供開始した。

同サービスは、同社が従来提供してきた特権IDアクセス管理製品「SecureCube/Access Check」の機能を、SaaSにて提供するもの。

アクセスの申請、承認、中継、ログ取得、レポートの提供といった基本サービスから、IDやマスタ情報の管理、サポートデスク、障害対応などに対応する。

またあわせて、特権IDの登録とアクセスログをモニタリングする統制サービスを提供する。サービス開始当初は「Amazon Web Services」に対応し、今後は対応クラウドを拡大する予定。

料金は、管理対象サーバが10台以下の場合、月額16万2000円。モニタリングサービスは月額32万4000円。

(Security NEXT - 2017/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
DIT、プログラムファイルに記載された特権IDやPWの漏洩防ぐ新製品
dit、特権アカウントの不正利用防止製品の新版
CyberArk製の特権アカウント監視製品を発売 - dit
NRIセキュア、特権IDアクセス管理ソリューションに新オプション
NSWとエンカレッジ、特権ID管理をクラウド提供
CA、特権ID管理ソリューションのXceediumを取得
NRIセキュア、特権ID管理に個人情報の持出検知機能
エンカレッジ、クラウド型の特権ID管理サービスを提供
エンカレッジ、内部不正行為による情報漏洩を防ぐソリューション