Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ

古着の買い取りと販売を展開するキングファミリーのつくば牛久店において盗難が発生し、顧客情報が保存されたレジが被害に遭ったことがわかった。

店舗を運営するKurokawaによれば、9月28日に発生した盗難事件において、同店に登録している会員の個人情報含むレジが盗まれたという。

被害に遭ったレジには、会員1万2636人の個人情報が保存されていた。氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレス、顧客コード、キングファミリー会員カード番号などが含まれる。

同社では、警察へ被害届を提出し、個人情報保護委員会へ事態を報告。対象となる会員には事情を説明し、謝罪するダイレクトメールを送付した。

(Security NEXT - 2017/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
廃業した工具通販サイト、2017年にクレカ情報流出の可能性
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
顧客情報記載の書類を搬送中に紛失 - 常陽クレジット
不正アクセスでクレカ情報が流出 - アイスキャンデー通販サイト
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀
ネットショップ運営サービスに不正アクセス - ショップ運営者や顧客情報が流出か
革製品販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
販売店が商品配達時に顧客情報含む領収証を紛失 - 東京ガス