Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Joomla! 3.8.2」がリリース、2要素認証回避など複数脆弱性に対応

コンテンツマネジメントシステム(CMS)である「Joomla!」の開発チームは、複数の脆弱性やバグを修正した「同3.8.2」をリリースした。

今回のアップデートでは、「同3.8.1」および以前のバージョンが影響を受ける3件の脆弱性に対応した。

具体的には、2要素認証のバイパスが可能となる脆弱性「CVE-2017-16634」や、「LDAP」の処理における情報漏洩の脆弱性「CVE-2017-14596」など重要度が「中(Medium)」の脆弱性2件を修正した。

また重要度が「低(Low)」とレーティングされている情報漏洩の脆弱性「CVE-2017-16633」を解消。さらにこれら脆弱性以外にも90件以上のバグに対処したという。

(Security NEXT - 2017/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用