Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも

シマンテックは、同社エンドポイント向け製品「Symantec Endpoint Protection(SEP)」の新バージョンを提供開始した。ディセプション機能の追加した。

同製品は、複数のセキュリティ対策エンジンを搭載したエンドポイント向け製品。新版となる「同14.1」では、ディセプション機能を追加。エンドポイントにおとりとなる「ディセプタ」を配置し、あえて攻撃者にフェイクのレジストリなどを変更させることで攻撃者の振る舞いを分析できるという。

また主要なアプリに対して、レピュテーションや脆弱性の状況を踏まえてアプリを制御するハーデニング機能を用意。帯域が狭い通信環境で利用するPOS端末などを対象とした「低帯域モード」もあらたに用意した。

さらに「iOS」や「Android」などスマートデバイス向けに「SEP Mobile」を提供。同社が買収した「Skycure」の技術を活用したもので、不正アプリや危険性があるアクセスポイントへのアクセスを検出できるほか、脆弱性なども把握できる。

20171107_sy_002.jpg
ディセプション機能のフロー(図:シマンテック)

(Security NEXT - 2017/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
メモリランダム化でエクスプロイトを防ぐ「Morphisec」を発売 - IWI
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に