Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3年ぶりのバグハンター合宿で脆弱性36件を発見 - サイボウズ

サイボウズは、同社が実施したバグハンター向け合宿イベント「バグハンター合宿」を通じて、36件の脆弱性が発見されたことを明らかにした。

同社では、製品やクラウドサービスに含まれる脆弱性の報告に対し、報奨金を支払う「脆弱性報奨金制度」を展開しているが、バグハンターと直接交流する機会などを設ける目的で3年ぶり2度目となる合宿形式のイベントを企画した。

11月3日、4日の1泊2日の日程で神奈川県三浦市内にて開催し、外部のセキュリティ技術者や研究者など15人が参加。同イベントを通じて48件の脆弱性が報告され、そのうち36件が認定された。

バグハントはチーム戦で実施。同社の脆弱性評価チームがその場で脆弱性の認定するしくみで、優勝チームは時間内に10件の脆弱性を報告。そのうち9件が認定されたという。

(Security NEXT - 2017/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

千葉大、同大生対象の「セキュリティバグハンティングコンテスト」開催
経営幹部クラス向け転職サイトの会員情報を委託先に誤送信 - リクルートキャリア
コムスクエア、ログ収集ツール「ログハンター」に有償版
「SECCON 2014」の計画が明らかに - 英語版オンライン予選や女性向けイベントも
Adobe、ウェブアプリの脆弱性発見プログラムを実施
国際会議「CODE BLUE」の全セッションが決定 - IoTやモバイル、Macなども
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 72時間以内に修正版適用を
【脆弱性】Adobe、「Flash Player」のアップデートを公開 - 72時間以内に適用を
サイボウズ、バグハンターのための合宿イベント開催 - 参加者交流や技術向上を支援
「Flash Player」に深刻な脆弱性 - 72時間以内のアップデートを推奨