Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の国内IoTセキュリティ製品市場は518億円 - 前年比27.5%増

2016年の国内におけるIoTセキュリティ対策製品の市場規模は、前年比27.5%増となる518億円だった。2021年には1250億円に拡大すると予測されている。

IDC Japanが、IoTセキュリティ対策製品市場における2016年の実績と今後の予測を取りまとめたもの。

ハードウェア製品とソフトウェア製品をあわせた同市場の2016年における市場規模は518億円。成長率は前年比27.5%増となった。

同社では、2016年から2021年にかけての年間平均成長率を19.3%とし、2021年の市場規模を1250億円と見込んでいる。

(Security NEXT - 2017/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の第2版が決定
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究
横国大とBBSS、共同研究開始 - 「バーチャルIoTホームハニーポット」を活用
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず