Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の国内IoTセキュリティ製品市場は518億円 - 前年比27.5%増

2016年の国内におけるIoTセキュリティ対策製品の市場規模は、前年比27.5%増となる518億円だった。2021年には1250億円に拡大すると予測されている。

IDC Japanが、IoTセキュリティ対策製品市場における2016年の実績と今後の予測を取りまとめたもの。

ハードウェア製品とソフトウェア製品をあわせた同市場の2016年における市場規模は518億円。成長率は前年比27.5%増となった。

同社では、2016年から2021年にかけての年間平均成長率を19.3%とし、2021年の市場規模を1250億円と見込んでいる。

(Security NEXT - 2017/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
家庭内IoT機器、現存マルウェアからはルータで保護可能 - ただしルータへの侵入防護が条件
IoT製品の26.3%でサポート期間中に脆弱性 - 1割強で対策不可能な場合も
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向
JNSA、公開鍵暗号技術を考えるセミナーを都内で開催
不正競争防止法改正案、データの不正取得や保護破りサービスも対象に
攻撃パケットは前年比約1.2倍、IoT狙う攻撃が高度化 - NICT調査