Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の国内IoTセキュリティ製品市場は518億円 - 前年比27.5%増

2016年の国内におけるIoTセキュリティ対策製品の市場規模は、前年比27.5%増となる518億円だった。2021年には1250億円に拡大すると予測されている。

IDC Japanが、IoTセキュリティ対策製品市場における2016年の実績と今後の予測を取りまとめたもの。

ハードウェア製品とソフトウェア製品をあわせた同市場の2016年における市場規模は518億円。成長率は前年比27.5%増となった。

同社では、2016年から2021年にかけての年間平均成長率を19.3%とし、2021年の市場規模を1250億円と見込んでいる。

(Security NEXT - 2017/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
「IoTセキュリティチェックシート」を改定、非常時の対応などを追加
PCとドローン間を電子証明書で認証 - セキュアドローン協議会
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題
IoT製品市場における日本シェアは24%、世界トップ
総務省、電気通信事故の報告基準を改正 - 「LPWA」の基準を制定
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減