Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年の国内IoTセキュリティ製品市場は518億円 - 前年比27.5%増

2016年の国内におけるIoTセキュリティ対策製品の市場規模は、前年比27.5%増となる518億円だった。2021年には1250億円に拡大すると予測されている。

IDC Japanが、IoTセキュリティ対策製品市場における2016年の実績と今後の予測を取りまとめたもの。

ハードウェア製品とソフトウェア製品をあわせた同市場の2016年における市場規模は518億円。成長率は前年比27.5%増となった。

同社では、2016年から2021年にかけての年間平均成長率を19.3%とし、2021年の市場規模を1250億円と見込んでいる。

(Security NEXT - 2017/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
中小企業向けのIoT品質確認チェックリスト - IPA
【訂正あり】イスラエル発「Cybertech Tokyo 2018」が都内で開催
NICT、脆弱IoT機器調査の検討に向け事前調査 - 11月14日から
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
経産省、「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」のパブコメ結果を公表
トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業