Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立

製造業におけるIoTの活用に向けてアドバンテック、オムロン、NEC、日本IBM、日本オラクル、三菱電機の6社は、11月29日に「Edgecrossコンソーシアム」を設立する。

20171106_ec_001.jpg
記者会見に登壇した幹事各社の関係者と顧問を務める東京大学名誉教授の木村文彦氏

同コンソーシアムでは、接続方式やプロトコルが多数存在し、連携において複雑な構成となっていたITシステムとファクトリーオートメーションを連携させるハブとなる基本システム「Edgecross」を開発、2018年春を目処に発売を目指す。

同システムは産業用PC上で動作。FAよりデータ収集し、リアルタイムに処理できるほか、データの階層化などが可能。ローカル環境で一次処理を行うことで、通信量の削減やセキュリティを確保できるとしている。

同コンソーシアムでは、同プラットフォームの仕様策定や対応製品の認証などを展開。参加団体に対して、開発キットや技術サポートを提供するほか、開発したアプリケーションを販売できるマーケットプレイスなども運営していく。

すでに同コンソーシアムへ6社を含む51社が賛同を表明しているとしており、設立後はグローバルも視野に含め、活動を展開していくという。

(Security NEXT - 2017/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を