Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ

西鉄ホテルズは、西鉄イン新宿において、約2カ月分の映像データが保存された防犯カメラが盗難に遭ったことを明らかにした。

同社によれば、同ホテルにおいて防犯カメラ設備の更新工事を行った際、撤去した機器の一時保管を依頼した業者の施設内において盗難が発生したもの。

被害に遭ったのはホテルのロビーやエレベーター、自販機などの共用施設に設置された防犯カメラ。7月中旬から9月22日までの間に録画された映像データが保存されていた。

今回の問題を受けて同社では、顧客情報を含む映像データが保存された機器を処分する際は、データを消去したうえで委託先へ機器を引き渡すように手順を変更するとしている。

(Security NEXT - 2017/11/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 防犯カメラ通販サイト
防犯カメラ129台分のパスワード含む資料を一時紛失 - 大阪市
コンビニ従業員が有名スポーツ選手の防犯カメラ画像を投稿
記入済みのキャンペーン応募用紙が盗難被害 - ミウィ橋本
都内4カ所のセブン銀行ATMにスキミング機器 - 3200件を不正取得か
過去の成績表が新聞社に郵送、流出経路は調査中 - 長岡工業高専
顧客情報2103件含む書類を保存箱ごと紛失 - 東京ガス子会社
過去3年の入試結果など含む記録媒体が7月に盗難被害 - 法政二中
ホームセンター店内のカウンターから顧客ファイルが盗難 - 防犯カメラに不審者
慶大医学部で患者情報含むPCが盗難 - 熊大付属病院の患者情報も