Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン

アシストは、イスラエルのEricom Software製アイソレーション製品「Ericom Shield」を2018年1月より提供開始する。

同ソリューションは、ウェブサイトを閲覧する際、セッションごとに仮想コンテナを割り当て、コンテンツを仮想コンテナ上で実行できるアイソレーション製品。エンドポイントにソフトウェアを導入することなく、ローカルブラウザから利用できる。

ユーザーやグループ単位でポリシーを設定できるほか、ドメインベースでホワイトリストやブラックリストを設定することが可能。またイスラエルVotiroの「VOTIRO」を組み込んでおり、ファイルをダウンロードする際は、マクロやオブジェクトなど除去できる。

発売当初は、利用ユーザー数ベースの年間サブスクリプション形式で提供。サービス事業者経由で展開する。同社では、2018年12月末まで100社への販売を目指す。

(Security NEXT - 2017/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
マカフィー、AWS向けにIPS「McAfee vNSP」を提供
米Menlo製アイソレーション製品のオンプレミス版 - テクマトリックス
NRIセキュア、車両システムのセキュリティ診断サービスを提供
IIJ、ゲートウェイサービスにアイソレーションサービスをオプションで追加
他ローカル環境と分離したブラウジング環境を提供するソフトウェア
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加