Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用

新種ランサムウェア「Bad Rabbit」の感染活動が確認された問題で、同ランサムウェアがエクスプロイト「EternalRomance」を悪用していることがわかった。

複数のセキュリティベンダーが、同ランサムウェアが「Server Message Block(SMB)」の脆弱性を利用し、リモートよりコードを実行するエクスプロイト「EternalRomance」の悪用を確認したもの。

「EternalRomance」は、「WannaCrypt」で悪用された「EternalBlue」などとともに攻撃グループ「Shadow Broker」が4月に公開したエクスプロイト。米国家安全保障局(NSA)から流出したとされている。マイクロソフトでは、3月のセキュリティ更新「MS17-010」で脆弱性を修正した。

「Bad Rabbit」の攻撃に関しては、当初より「Petya」と同様に「Mimikatz」を利用し、SMB経由で感染を広げることが判明していたが、脆弱性の悪用はないとの見方が大方を占めていた。

(Security NEXT - 2017/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
JPCERT/CC、「ランサムウェア特設サイト」開設 - 対策を紹介
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
JPCERT/CC、新種ランサム「Bad Rabbit」で注意呼びかけ - 被害対応依頼の窓口などアナウンス
国内でも「Bad Rabbit」を観測 - 2月には誘導スクリプトが稼働か