Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 11.1」をリリース - 「KRACK」や「Siri」関連など脆弱性20件を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 11.1」をリリースした。脆弱性やバグの修正、絵文字の追加などを行っている。

20171101_ap_001.jpg
「iOS 11.1」を提供開始したApple

同アップデートでは、カーネルの脆弱性1件やWebKitに関する脆弱性13件をはじめ、あわせて20件の脆弱性へ対処した。

無線LANにおけるセキュリティプロトコル「WPA2」において、盗聴などが可能となる攻撃手法「KRACK」が公開された問題を受けて、脆弱性「CVE-2017-13080」を修正。対象は「iPhone 7」以降や 「iPad Pro 9.7(early 2016)」以降としている。

さらにSiriにおいてロックスクリーンを回避される脆弱性「CVE-2017-13805」に対応。そのほか、メッセージやテキスト処理、zipファイルの処理などに関する脆弱性を解消している。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-7113
CVE-2017-13849
CVE-2017-13799
CVE-2017-13844
CVE-2017-13805
CVE-2017-13804
CVE-2017-13784
CVE-2017-13783
CVE-2017-13785
CVE-2017-13788
CVE-2017-13802
CVE-2017-13792
CVE-2017-13795
CVE-2017-13798
CVE-2017-13796
CVE-2017-13794
CVE-2017-13793
CVE-2017-13791
CVE-2017-13803
CVE-2017-13080

(Security NEXT - 2017/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
ピクサー製レンダリングソフトに脆弱性 - アップデートがリリース
Apple、「iOS 12.1.2」をリリース - CVE番号付与された脆弱性の修正は含まず
NEC製ルータ「Aterm」シリーズ2機種に複数脆弱性
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度