Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「iOS 11.1」をリリース - 「KRACK」や「Siri」関連など脆弱性20件を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 11.1」をリリースした。脆弱性やバグの修正、絵文字の追加などを行っている。

20171101_ap_001.jpg
「iOS 11.1」を提供開始したApple

同アップデートでは、カーネルの脆弱性1件やWebKitに関する脆弱性13件をはじめ、あわせて20件の脆弱性へ対処した。

無線LANにおけるセキュリティプロトコル「WPA2」において、盗聴などが可能となる攻撃手法「KRACK」が公開された問題を受けて、脆弱性「CVE-2017-13080」を修正。対象は「iPhone 7」以降や 「iPad Pro 9.7(early 2016)」以降としている。

さらにSiriにおいてロックスクリーンを回避される脆弱性「CVE-2017-13805」に対応。そのほか、メッセージやテキスト処理、zipファイルの処理などに関する脆弱性を解消している。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-7113
CVE-2017-13849
CVE-2017-13799
CVE-2017-13844
CVE-2017-13805
CVE-2017-13804
CVE-2017-13784
CVE-2017-13783
CVE-2017-13785
CVE-2017-13788
CVE-2017-13802
CVE-2017-13792
CVE-2017-13795
CVE-2017-13798
CVE-2017-13796
CVE-2017-13794
CVE-2017-13793
CVE-2017-13791
CVE-2017-13803
CVE-2017-13080

(Security NEXT - 2017/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用
Cisco、セキュリティ製品向けに再度修正パッチ - あらたな攻撃手法が判明、対応不十分で