Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト売買仲介サービスから顧客情報約1.4万件が流出 - GMO

GMOインターネットが運営するウェブサイト売買仲介サービス「サイトM&A」の会員情報が外部へ流出したことがわかった。

被害に遭った「サイトM&A」は、ウェブサイトの売買を仲介するマッチングサービス。同サービスへ登録していた会員情報1万4612件が外部へ流出していることが判明したもの。二次被害は確認されていないが、同社では流出情報の監視を続けている。

今回の問題を受けて同社では、警察や所管する官庁、個人情報保護委員会へ事態を報告。会員に対しても、書面やメールで事情の説明を進めているが、対応を進めている段階として公表は避けていた。

問い合わせの増加を受けて概要を公表したが、現在も事件の経緯など詳細への言及は避けている。

(Security NEXT - 2017/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
学生アカウントが乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 鹿屋体育大
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS
ワイン醸造所通販サイトでクレカ情報流出か - 正規利用以外の情報も
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
中華食材の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
はんだごて通販サイトに不正アクセス - 意図しない顧客情報ファイルがサイト上に