Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト売買仲介サービスから顧客情報約1.4万件が流出 - GMO

GMOインターネットが運営するウェブサイト売買仲介サービス「サイトM&A」の会員情報が外部へ流出したことがわかった。

被害に遭った「サイトM&A」は、ウェブサイトの売買を仲介するマッチングサービス。同サービスへ登録していた会員情報1万4612件が外部へ流出していることが判明したもの。二次被害は確認されていないが、同社では流出情報の監視を続けている。

今回の問題を受けて同社では、警察や所管する官庁、個人情報保護委員会へ事態を報告。会員に対しても、書面やメールで事情の説明を進めているが、対応を進めている段階として公表は避けていた。

問い合わせの増加を受けて概要を公表したが、現在も事件の経緯など詳細への言及は避けている。

(Security NEXT - 2017/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で