Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用

マカフィーは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフトの新版を11月下旬より提供開始する。

20171027_ma_002.jpg
記者会見へ登壇したコンシューマ事業統括取締役専務執行役員の田中辰夫氏(画面左)とコンシューマ事業本部執行役員本部長の青木大知氏(同右)

同製品は、マルウェア対策やファイアウォール、端末の最適化機能などを備えたコンシューマー向けセキュリティ対策ソフト。

ラインナップとして最上位製品「マカフィーリブセーフ」をはじめ、「マカフィーインターネットセキュリティ」「マカフィーアンチウイルスプラス」「マカフィーアンチウイルス」を用意。インテル傘下からスピンアウトして最初のメジャーリリースとなり、再び同社のコーポレートカラーである赤を基調としたロゴとパッケージデザインを採用した。

最新版では、振る舞い解析や機械学習を行うクラウドベースのマルウェア対策エンジンを活用。Android版にWi-Fiの信頼性をチェックする機能を追加したほか、ランサムウェアとして動作するアプリの検知、警告機能を追加した。

新機能について、記者会見に登壇したコンシューマ事業本部執行役員本部長の青木大知氏は、あらたな機械学習エンジンにより、サンプルを持たないゼロデイマルウェアへの対応を強化したと説明した。

各製品の搭載する機能は以下のとおり。

20171026_ma_001.jpg
ラインナップの機能一覧(図:マカフィー)

(Security NEXT - 2017/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
個人向けESET製品でモニターキャンペーン
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に