Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口

フィッシング対策協議会は、Apple IDの利用者を狙うフィッシング攻撃が確認されたとして注意を呼びかけている。

iCloudへのログインや、データのダウンロードを確認し、Apple IDをロックしたなどとだまして不安を煽り、誘導先の偽サイトより、アカウント情報や個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生しているもの。

実際にはアクセスなど行われていないにも関わらず、フィッシングメールではアクセス元としてiCloudのバージョンやIPアドレスなどを記載。あたかも実際に不審なアクセスが行われたかのように装っていた。

10月23日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。Appleを装うフィッシング攻撃はたびたび確認されており、同協議会では類似した攻撃に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
セブン銀行利用者狙うスミッシング - 「口座を一時停止」と不安煽る手口
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意