Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口

フィッシング対策協議会は、Apple IDの利用者を狙うフィッシング攻撃が確認されたとして注意を呼びかけている。

iCloudへのログインや、データのダウンロードを確認し、Apple IDをロックしたなどとだまして不安を煽り、誘導先の偽サイトより、アカウント情報や個人情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生しているもの。

実際にはアクセスなど行われていないにも関わらず、フィッシングメールではアクセス元としてiCloudのバージョンやIPアドレスなどを記載。あたかも実際に不審なアクセスが行われたかのように装っていた。

10月23日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。Appleを装うフィッシング攻撃はたびたび確認されており、同協議会では類似した攻撃に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「UCカード」利用者狙うフィッシング攻撃に注意
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声
レンサバ事業者装うフィッシングに注意 - 偽管理ツールに誘導
「本日キャンセルしないと請求発生」 - 動画配信サービスのフィッシングに注意
「PayPay」装うフィッシング - 加盟店やフリマ利用者がターゲット
JCBカード利用者を狙うフィッシング攻撃が発生
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性