Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクニカ、S&Jのインシデント対応サービスを提供開始

マクニカネットワークスは、セキュリティインシデントの対応を支援するサービス「Mpression Incident Handling Service」を提供開始した。

同サービスは、企業や団体、政府機関においてインシデントが発生した際、同社が受け付け窓口となり、S&Jがインシデント対応を支援するもの。相談の電話は、24時間体制で受け付けるが、回答時間などは個別に決定するとしている。

具体的なインシデント対応や対策の実施、調査については有償となるが、電話による初回の問い合わせについては、暫定的な対応方法に限り、無償で対応。インシデント対応後におけるセキュリティ対策の提案なども行うとしている。

(Security NEXT - 2017/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視やインシデント対応の自動化支援サービス - NRIセキュア
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援