Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通ら、NISTセキュリティ基準への対応を支援するコンサルサービス

富士通と富士通総研、デロイトトーマツコンサルティングは、米国立標準技術研究所(NIST)のセキュリティ対策基準に対応するためのアセスメントコンサルティングサービスを提供開始した。

同サービスは、NISTが2015年6月に発行したセキュリティ対策基準「NIST SP800-171」への準拠状況についてアセスメントし、対応策の策定などを支援するサービス。

同基準では、民間企業において取り扱う重要情報(Controlled Unclassified Information)のセキュリティ対策における技術要件と非技術要件あわせて100件強の要件を策定しており、これらへの準拠を支援する。

サービスの料金は3カ月1000万円から。同サービスの結果を踏まえ、システム構築やシステムの監視、運用、復旧支援についても対応する。

(Security NEXT - 2017/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
データ利活用時のリスクを低減するコンサルサービス - CCI
「サイバー攻撃疑似偵察サービス」を開始 - NEC SI
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
リスク評価と必要なSIEMルール設計をパッケージで
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
危機対応を分野横断的に支援するサービス - デロイトトーマツ