Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通ら、NISTセキュリティ基準への対応を支援するコンサルサービス

富士通と富士通総研、デロイトトーマツコンサルティングは、米国立標準技術研究所(NIST)のセキュリティ対策基準に対応するためのアセスメントコンサルティングサービスを提供開始した。

同サービスは、NISTが2015年6月に発行したセキュリティ対策基準「NIST SP800-171」への準拠状況についてアセスメントし、対応策の策定などを支援するサービス。

同基準では、民間企業において取り扱う重要情報(Controlled Unclassified Information)のセキュリティ対策における技術要件と非技術要件あわせて100件強の要件を策定しており、これらへの準拠を支援する。

サービスの料金は3カ月1000万円から。同サービスの結果を踏まえ、システム構築やシステムの監視、運用、復旧支援についても対応する。

(Security NEXT - 2017/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド