Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通ら、NISTセキュリティ基準への対応を支援するコンサルサービス

富士通と富士通総研、デロイトトーマツコンサルティングは、米国立標準技術研究所(NIST)のセキュリティ対策基準に対応するためのアセスメントコンサルティングサービスを提供開始した。

同サービスは、NISTが2015年6月に発行したセキュリティ対策基準「NIST SP800-171」への準拠状況についてアセスメントし、対応策の策定などを支援するサービス。

同基準では、民間企業において取り扱う重要情報(Controlled Unclassified Information)のセキュリティ対策における技術要件と非技術要件あわせて100件強の要件を策定しており、これらへの準拠を支援する。

サービスの料金は3カ月1000万円から。同サービスの結果を踏まえ、システム構築やシステムの監視、運用、復旧支援についても対応する。

(Security NEXT - 2017/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Office 365」の監視サービス - NECソリューションイノベータ
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
QRコード決済事業者向けのコンサルサービス - BBSec
ディープ、ダーク含むネット脅威情報の報告サービス - ラック
パブリッククラウド利用企業向けにセキュリティ支援 - DTRS
公衆Wi-Fiのセキュリティ学ぶ全8回のネット講座 - 総務省