Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ

オレガは、ファイルサーバにおけるログの管理ソフト「VVAULT AUDIT」の新版を提供開始した。

同製品は、共有フォルダにおけるアクセス記録を管理するログ管理ソフト。新版となる「同 4.0」」では、ランサムウェアによるファイルサーバへの攻撃を検知する機能を追加した。

同ソフトでは、ファイルサーバのアクセスログを解析することで、ランサムウェアと疑われるアクセスパターンを検知して管理者へ通知する。

同機能は、同ソフトのEnterprise版でのみ利用できる。価格は、21万6000円/年。

(Security NEXT - 2017/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ランサムウェア「Cryakl」の復号キーが公開 - ベルギー当局が捜査で入手
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品を拡充 - 3製品を投入
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加