Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ

AOSデータは、個人情報を検出し、暗号化や削除が行えるソフトウェア「プライバシーディフェンダー」を提供開始した。

同製品は、Windows端末内部に保存されたテキストベースの個人情報を検索し、暗号化や削除などを実施できるソフトウェア。検査結果のレポートはクラウド環境に保存される。

名前や住所、電話番号、メールアドレスのほか、マイナンバー、クレジットカード番号、パスポート番号、運転免許番号、口座番号といった文字列の検出に対応。スケジュール機能により、定期的な検索も可能で、管理者はファイルの状況を一元管理できる。

価格は、10ライセンスの5年版で16万2000円。個人情報ファイルの検索に限定した無償版も用意している。

(Security NEXT - 2017/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Android用セキュリティ対策製品 - アプリロック機能追加
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
エフセキュア、Mac向け振る舞い検知技術「Little Flocker」を獲得
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
東芝テックら、マスク機能を備えた電子レシートの実証実験を開始
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
日本プルーフポイント、モバイルアプリの脅威可視化ソリューション
KPMGコンサル、海外拠点の個人情報管理を支援
カスペルスキー、「Android Wear」に対応
日立ソ、パーソナルデータ利用企業向けにソリューション