Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ

AOSデータは、個人情報を検出し、暗号化や削除が行えるソフトウェア「プライバシーディフェンダー」を提供開始した。

同製品は、Windows端末内部に保存されたテキストベースの個人情報を検索し、暗号化や削除などを実施できるソフトウェア。検査結果のレポートはクラウド環境に保存される。

名前や住所、電話番号、メールアドレスのほか、マイナンバー、クレジットカード番号、パスポート番号、運転免許番号、口座番号といった文字列の検出に対応。スケジュール機能により、定期的な検索も可能で、管理者はファイルの状況を一元管理できる。

価格は、10ライセンスの5年版で16万2000円。個人情報ファイルの検索に限定した無償版も用意している。

(Security NEXT - 2017/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN
Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援