Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯

NECネッツエスアイは、セキュリティ対策機能を持つゲートウェイサービスに、サイバーリスク補償保険を付帯した「S-iDCセキュアゲートウェイサービス type ME」を、11月1日より提供開始する。

同サービスは、同社のデータセンターにある基盤を利用して、ファイアウォール機能を持つゲートウェイを提供する「S-iDCセキュアゲートウェイサービス」に、三井住友海上火災保険のサイバーリスク補償保険を付帯したもの。

サイバー攻撃による情報漏洩や業務の休止または阻害が発生した場合、法律上の損害賠償や訴訟費用、事故対応費用、コンサルティング費用、データ復旧費用などを補償する。

支払限度額は、賠償損害に関する補償が1000万円、費用損害に関する補償が100万円。料金は月額16万920円から。初期費用が別途必要となる。接続可能端末数は300台まで。回線容量は100Mbpsベストエフォートとなっている。

同社では、今後3年間で1億円の販売を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック