Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、IoT製品開発指針を反映した教育教材を開発 - 情セ大で講座開講

情報処理推進機構(IPA)は、「つながる世界の開発指針」を反映した教育教材を開発した。同教材を活用した講座を、情報セキュリティ大学で10月5日より開講する。

同機構では、2016年3月、自動車や家電をはじめとするIoT製品の開発において、考慮すべきリスクや対策についての指針をまとめた「つながる世界の開発指針」を公開。同指針の実装に必要となる知識や技術を習得するための、学生や社会人向けの教材を開発した。

同教材は、1コマ90分で15コマ分のシラバス、座学教材、技術演習課題および演習環境、教育効果測定ツールなどで構成される。

開発した教材を用いて講座を実施し、1年目はプロトタイプ教材を開発。教育効果測定の結果や技術動向などを反映して、2年目はフルセット教材を開発し、3年目はさらにブラッシュアップして成果を取りまとめる。

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
「クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン」の第2版が決定
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究
横国大とBBSS、共同研究開始 - 「バーチャルIoTホームハニーポット」を活用
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省