Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス

ソリトンシステムズは、組織が利用するアカウント情報の流出状況を調査するサービスを提供開始する。

「漏えいアカウント被害調査サービス」は、組織のIDやメールアドレス、パスワードなどの漏洩状況を調査するサービス。不正アクセスなどにより窃取されたアカウント情報について、公開されている情報をもとに調査を実施する。

対象となるデータは、50件以上の事件で25億件のアカウント情報、「.jp」ドメインに限っては約1200万件が含まれるとしている。

報告書では、調査対象となった事件の概要のほか、調査対象のドメインについてサブドメイン単位、個別アカウントについて報告。料金は、1ドメインあたり54万円。2017年内はキャンペーン価格として、1ドメインあたり21万3840円で提供する。

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
偽サイトのURL、9月だけで1000件超 - フィッシング報告も5カ月連続増
8割強がパスワードを使い回し - 15.5%は全パスワードを1種類で
男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
2017年2Qのネット銀不正送金、被害額ベースで法人個人ともに増加
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし