Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス

ソリトンシステムズは、組織が利用するアカウント情報の流出状況を調査するサービスを提供開始する。

「漏えいアカウント被害調査サービス」は、組織のIDやメールアドレス、パスワードなどの漏洩状況を調査するサービス。不正アクセスなどにより窃取されたアカウント情報について、公開されている情報をもとに調査を実施する。

対象となるデータは、50件以上の事件で25億件のアカウント情報、「.jp」ドメインに限っては約1200万件が含まれるとしている。

報告書では、調査対象となった事件の概要のほか、調査対象のドメインについてサブドメイン単位、個別アカウントについて報告。料金は、1ドメインあたり54万円。2017年内はキャンペーン価格として、1ドメインあたり21万3840円で提供する。

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
少なくとも30万台以上でサポート終了の「Office 2007」が稼働
コネクテッドカーへのサイバー攻撃、約8割「標的になると思う」
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増