Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス

ソリトンシステムズは、組織が利用するアカウント情報の流出状況を調査するサービスを提供開始する。

「漏えいアカウント被害調査サービス」は、組織のIDやメールアドレス、パスワードなどの漏洩状況を調査するサービス。不正アクセスなどにより窃取されたアカウント情報について、公開されている情報をもとに調査を実施する。

対象となるデータは、50件以上の事件で25億件のアカウント情報、「.jp」ドメインに限っては約1200万件が含まれるとしている。

報告書では、調査対象となった事件の概要のほか、調査対象のドメインについてサブドメイン単位、個別アカウントについて報告。料金は、1ドメインあたり54万円。2017年内はキャンペーン価格として、1ドメインあたり21万3840円で提供する。

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
EUに拠点や顧客を持つ半数超の企業がGDPRに無頓着 -「気にせず移転」も15%
投資家が懸念するリスクのトップは「サイバー脅威」 - PwC調査
委託先の選定、セキュリティ対策が最優先とする企業は4.6%
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感