Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8割強がパスワードを使い回し - 15.5%は全パスワードを1種類で

複数のウェブサービスでパスワードを使い回しているユーザーは85.2%にのぼり、15.5%が1種類のパスワードですべてのサービスを利用していることがわかった。

トレンドマイクロが、6月にインターネットでパスワード利用に関する意識調査を実施し、結果を取りまとめたもの。ウェブサービスの利用者515人が回答した。

複数のウェブサービスでパスワードを使い回しているとの回答は85.2%。2014年に実施した前回調査の93.1%から7.9ポイント改善したものの、依然として8割を超える回答者が使い回しをしていた。

使い回すパスワードの数を聞いたところ、「2〜3種類を使い回す」が41.4%。前回調査と比較すると、「2〜3種類」が56.4%から減少する一方、「4〜5種類」「6種類以上」の割合が増えた。

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン」がスタート - 賛同企業も募集中
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
毎月100件超のウェブ改ざん、委託状況含めてチェックを
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致