Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8割強がパスワードを使い回し - 15.5%は全パスワードを1種類で

複数のウェブサービスでパスワードを使い回しているユーザーは85.2%にのぼり、15.5%が1種類のパスワードですべてのサービスを利用していることがわかった。

トレンドマイクロが、6月にインターネットでパスワード利用に関する意識調査を実施し、結果を取りまとめたもの。ウェブサービスの利用者515人が回答した。

複数のウェブサービスでパスワードを使い回しているとの回答は85.2%。2014年に実施した前回調査の93.1%から7.9ポイント改善したものの、依然として8割を超える回答者が使い回しをしていた。

使い回すパスワードの数を聞いたところ、「2〜3種類を使い回す」が41.4%。前回調査と比較すると、「2〜3種類」が56.4%から減少する一方、「4〜5種類」「6種類以上」の割合が増えた。

(Security NEXT - 2017/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割
年末年始の休暇は平均6.1日、事前対策徹底を - 休暇明けには月例パッチも
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
公開鍵証明書不要の「AISTパスワード認証方式」などが国際標準化
仕様変更によるChrome警告表示に冷静な対応呼びかけ - IPA
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
クレカのセキュリティを動画で啓発 - コロッケさんら出演