Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SOCやCSIRTなど「セキュリティ対応組織」向け教科書に第2版

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、「セキュリティ対応組織(SOC/CSIRT)の教科書」の第2版を公開した。

同資料は、企業や組織に設置される「セキュリティオペレーションセンター(SOC)」や「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」の存在意義や機能、役割のほか、対応策など、ノウハウを取りまとめたもの。

これら組織に求められる9種類の機能や54種類の役割について、平常時やインシデント発生時のフローなどを参照できるほか、組織の成熟度を測定できるよう「セルフチェックシート」も用意した。

これら資料は、同協議会のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2017/10/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
カードゲーム「セキュ狼」が販売再開、感染端末発見ゲームも
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
JPCERT/CC、「Mirai」被害低減や標的型攻撃情報共有などに貢献した専門家やCSIRTに感謝状
CSIRTのワークフロー管理を支援するクラウドアプリ - NANAROQ
NTT Com、CSIRTの支援サービス - 脅威情報収集や分析をサポート