Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本初となるサイバーセキュリティ日米合同演習を実施 - 経産省

経済産業省は、米国から招聘した専門家とともに、日本初となる「産業分野におけるサイバーセキュリティの日米共同演習」を実施した。

20170928_me_001.jpg
共同演習の様子(画像:経産省)

同演習は、産業制御システムのサイバーセキュリティに関するもので、人材育成プログラムの一環。

9月19日から26日にかけて情報処理推進機構(IPA)の産業サイバーセキュリティセンター(ICSCoE)で実施した。

今回の演習では、米国土安全保障省(DHS)とICS-CERT(Industrial Control System Computer Emergency Response Team)から専門家7人を招聘。研修生向けのプログラムや、日米の講師によるセッションを実施した。DHSやICS-CERTによる日本国内での演習は今回がはじめてだという。

同省では今後も、DHSやICS-CERTとの継続的な連携を通じて、産業分野におけるサイバーセキュリティ対策の強化を推進していきたい考え。

(Security NEXT - 2017/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
約4割に「BEC」受信経験 、受信者の8.7%が送金 - 5億円以上のケースも
端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
顧客情報含む伝票綴りを紛失、誤廃棄か - 鹿児島相互信金
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
一部セキュリティ製品がJPCERT/CCサイトをブロック - 異常見られず、アクセスに問題なし
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃