Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

gumi子会社に不正アクセス - アイテムの不正配布やソースコード流出が発生

gumiのシンガポール子会社であるgumi Asiaが不正アクセスを受け、サイトの改ざんやアイテムの不正配布など、被害が発生したことがわかった。

20170926_gu_001.jpg
不正アクセスを受けたgumi Asia

gumiによると、gumi Asiaの内部システムに不正侵入されたもの。

海外向けゲームタイトルの公式サイトが改ざんされたほか、アイテム「無償石」が不正に配布される被害や、ソースコードなどの流出が発生したという。

9月22日3時ごろに被害へ気が付き、対象となったゲームタイトルのサービスを一時停止。対策を講じた上で翌23日よりサービスを再開した。

同社では、情報流出の被害状況について調査を行っているが、顧客に関する個人情報の流出は確認されていないという。

(Security NEXT - 2017/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソニーミュージックの公式サイトが改ざん - 原因は調査中
不正アクセスでサイトが改ざん被害 - 鹿児島大
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん
ストレッチ専門店で不適切な求人広告 - 元従業員改ざん
外部から不正投稿、意図しない記事を掲載 - 日本証券新聞
業務用タピオカの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
国立感染症研に不正アクセス - 掲示板に書き込み
水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サイト改ざんで外部サイトに誘導 - ケーヨーデイツー
ペット用品通販サイトでクレカ情報流出 - 決済停止後にも被害