Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイトのブラックリスト配信サービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、サイバー攻撃に利用された不正サイトの情報をリアルタイムに配信するサービス「Active Blacklist Threat Intelligence」を提供開始した。

同サービスは、同社の監視サービスを利用する国内企業や官公庁に導入されているセキュリティ機器から収集した不正サイトの情報をリスト化。ネットワーク機器向けに配信するもの。

収集した情報の5〜30%が一般的な製品で検知ができないと同社では説明。無害なサイトの情報については除外して提供するとしている。

ブラックリストは、同社が提供するVPNサービス経由で提供。利用者は、配信されたブラックリストをネットワーク機器で取り込むことができる。月額利用料は、34万5600円。

(Security NEXT - 2017/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサム対策機能を実装できるSDK - セキュアブレイン
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
丸紅情シス、GEデジタルの制御システム向けセキュリティサービスを国内展開
マカフィー、SIEMの活用ノウハウを提供するパッケージを拡充
マクニカネット、蘭SecurityMatters製の制御システム向けセキュリティソリューション
KDDI、法人向けMDMでスマホ用ウェブフィルタオプション
カスペ、Windows用セキュリティ製品に新版 - サーバでもアプリ実行制御が可能に
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入
トレンド、サーバ向け製品に新版 - サンドボックス連携やアプリのホワイトリスト化に対応
モジュール型WAF「SiteGuard Lite」、IISへ対応 - Nginxも対応予定