Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイトのブラックリスト配信サービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、サイバー攻撃に利用された不正サイトの情報をリアルタイムに配信するサービス「Active Blacklist Threat Intelligence」を提供開始した。

同サービスは、同社の監視サービスを利用する国内企業や官公庁に導入されているセキュリティ機器から収集した不正サイトの情報をリスト化。ネットワーク機器向けに配信するもの。

収集した情報の5〜30%が一般的な製品で検知ができないと同社では説明。無害なサイトの情報については除外して提供するとしている。

ブラックリストは、同社が提供するVPNサービス経由で提供。利用者は、配信されたブラックリストをネットワーク機器で取り込むことができる。月額利用料は、34万5600円。

(Security NEXT - 2017/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
DNSクエリで不正通信遮断するクラウドサービス - 教育実施も
3年かけてセキュ人材育成、未経験からスタート - KDDIら
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出