Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正サイトのブラックリスト配信サービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、サイバー攻撃に利用された不正サイトの情報をリアルタイムに配信するサービス「Active Blacklist Threat Intelligence」を提供開始した。

同サービスは、同社の監視サービスを利用する国内企業や官公庁に導入されているセキュリティ機器から収集した不正サイトの情報をリスト化。ネットワーク機器向けに配信するもの。

収集した情報の5〜30%が一般的な製品で検知ができないと同社では説明。無害なサイトの情報については除外して提供するとしている。

ブラックリストは、同社が提供するVPNサービス経由で提供。利用者は、配信されたブラックリストをネットワーク機器で取り込むことができる。月額利用料は、34万5600円。

(Security NEXT - 2017/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
GDPR対応状況を簡易診断できる無償チェックリスト - KPMGコンサル
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
トレンドら3社、工場内の脅威可視化ソリューションを提供
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給