Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起

偽サイトは、実在する新規会員登録ページのデザインを盗用しており、見た目で偽サイトと判断することは困難。

同協議会によれば、9月25日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されているという。同協議会では、閉鎖に向けて調査を進めるとともに、誤ってフィッシングサイトへ情報を送信しないよう注意を喚起した。

過去にも「OMC Plus」を装う同様の手口が確認されているが、同協議会より注意喚起が行われたのは、2016年6月以来で、約1年3カ月ぶりとなる。

ただし、同サービスに限らず、「MUFGカード」や「セゾンカード」など、クレジットカード事業者を装ったフィッシング攻撃について、繰り返し注意喚起が行われており、カードブランドなどに関わらず、引き続き注意が必要だ。

(Security NEXT - 2017/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
教職員25人がフィッシング被害、障害通知偽装メールで - 金沢大
パラチケ抽選の偽当選メールに注意 - 本物はリンク記載なし
9月のフィッシング報告、6000件超で過去最多 - 「Amazon」「LINE」関連が1.7倍
サイト改ざん、入力内容確認ページなどから不正サイトに誘導 - 着物レンタル会社
三井住友銀装うフィッシングに注意 - 消費増税で「カードや通帳の停止」?
イオンのクレカ利用者狙うフィッシング攻撃 - 不自然な表現も
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と