Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起

偽サイトは、実在する新規会員登録ページのデザインを盗用しており、見た目で偽サイトと判断することは困難。

同協議会によれば、9月25日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されているという。同協議会では、閉鎖に向けて調査を進めるとともに、誤ってフィッシングサイトへ情報を送信しないよう注意を喚起した。

過去にも「OMC Plus」を装う同様の手口が確認されているが、同協議会より注意喚起が行われたのは、2016年6月以来で、約1年3カ月ぶりとなる。

ただし、同サービスに限らず、「MUFGカード」や「セゾンカード」など、クレジットカード事業者を装ったフィッシング攻撃について、繰り返し注意喚起が行われており、カードブランドなどに関わらず、引き続き注意が必要だ。

(Security NEXT - 2017/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apple」「Amazon」装うフィッシング - アカウントロックで不安煽る手口
「カードが不正利用の可能性」と不安煽るSMSに注意 - 「エポスカード」を偽装
偽Amazonによるスミッシング攻撃に注意 - 5日時点で偽サイト稼働中
フィッシングで仮想通貨約29億円を窃盗 - 欧州で6人が逮捕
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
SSLサーバ証明書の表示、ブラウザで違いも
「OneDrive」上の共有ファイルを悪用したフィッシング - 正規URLで誘導
偽サイトへ誘導する「なりすまし広告」に注意喚起 - GMOコイン
元教員メルアカがフィッシングの踏み台に - 札幌医科大